• まつださえこ

<美しい>について思考する夏


この夏、ようやく咲いた朝顔。


日本海側、遠浅の海。




伝統工芸士の帯締め。



美しい風景を写真に納めたからといって、美しいモノを所有したからといって、決して得意げにならないでいたいと思います。


『もの・こと・風景』から『美しいと感動する心・瞬間』が贈られたのだと思えばこそ、その美に触れて見合うだけの佇まいでいたいのです。姿勢を正そうと思い直せます。


それが<美>から人へ施された恩恵の核心なんじゃないだろうか。

と、この頃はそう思考しています。


♯伝統工芸士 ♯田中節子さんの帯締め


30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示