• まつださえこ

塩瀬の名古屋帯、その後ろ姿

「塩瀬の帯は、どう転んでも、やんわりと品のある顔つきをやめない。」

長らく感じてはいたけれど、腑に落ちて底にスコンと留まる思いで眺めていた塩瀬の帯姿。




上級コースも修了なさって、単発レッスンに通っていただいている生徒さんです。


「柔らかすぎて結びにくいし、シワシワするし、うまくいかないので練習します。」

と言ってお持ちになった名古屋帯は、生徒さんの上品な佇まいによく合う塩瀬の染め帯でした。


私がこれまでお伝えしてきた、四角い菓子箱のように整ったお太鼓結びの仕上がりでは、全体の印象がバラバラで、帯の良さが生かしきれなかったので、思い切ってお太鼓を大きく、下線もふんわりとさせて仕上げていただいています。



左:従来のお太鼓手順で仕上げた形

右:お太鼓部を大きく、下線をふんわりさせた形


塩瀬の滑らかな生地感に優しい柄付け。

とろんとした丸みのある、額縁のようなお太鼓のフォルム。

生徒さん曰く、

「これでいいのですね。上手くできないと思っていたので安心しました^^」

これでいいというより、これがいい。これもいい。安心してください。素敵な仕上がりです。


私が、この日本画然としたお太鼓姿を見て、「これもまた美しい」と感じるようになったのは、ここ数年のうちの話です。

日本舞踊の世界でお手伝いをするようになったことや、民藝や日本画を勉強し始めたことがきっかけといえば、そうかなと思います。


折り紙のように、直線と角に整えられたお太鼓が大好きだった私も、曲線に包まれたお太鼓を心底美しいと感じられるようになった。

その心の変化と成長で、生徒さんに差し出せるものがさらに増えたのであれば、まだまだ学ばずにはいられない。


そう思う日のレッスンでした^^



クラス感のある博多帯。




閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示