• まつださえこ

フォーマルを着こなす

夏のカリキュラム改定以来、上級コース履修者は現在のところお二人目です。


普段着着物と違うところは、

  • 訪問着や付け下げなど重みのあるフォーマル

  • 重ね衿有り

  • 裾丈の決め方

  • 長襦袢の衣紋や前合わせの角度

  • 肩から胸紐までの前面のシワやたるみの処理

  • 袋帯の二重太鼓結び


などなど。

細かいところを極めていきます。



一般的に着物の総重量は、フォーマル度が増せば増すほど重くなっていきます。ずしりと重たい着物を羽織っていくので、補整から長襦袢までの土台作りが欠かせません。


そして、とかく重要なのは、

ひたすら、

丁寧に、

ゆっくりと、

一手一手!

確実に!

きっちりと!

手順を仕留めていくことです!


早合点は後々、壁にぶち当たります。迷走し始めます。手順を丁寧に身体に叩き込むことが、いざ着物を着るときに慌てないで済むコツなのです。


お写真に収まってくださったのは、教室の生徒さまの中でも、特にチャレンジ精神豊か、そしてユニーク&おおらかな方です。私が以前アップした手順違いの帯の結び方動画を何度も再生して、その方法を習得してきてくださいました。


https://www.saeko-kimonolesson.net/post/ちょっと珍しい-お太鼓結びの手順動画公開


この手順は、背中で帯の結びコブができないので、袋帯などかさばる帯を結ぶときには適しています。


ここまでご一読してくださった方、チャレンジしてみて下さいませ。自分にとって少し長めの帯がより適しています^^



37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示