• まつださえこ

またまた、生徒さんをコーデするの巻


自装のための初級コース、7回目のお生徒さん。



お召しになっているのは、年明けの着物イベント※ でお求めになった着物です。

※ 田中和裁さん https://instagram.com/tanakawasai?utm_medium=copy_link 


地色は濃いめのグレーですが、光の加減によっては玉虫色を発する可愛い絞りの小紋です。


絞りの着物は、その加工ゆえに、纏えば体型をふっくらと見せる効果があるので、かなーり細身のお生徒さんにとっては、利点となります。しかも袷ですから、そのふっくら効果はより増しますね。何より絞りの袷は、あったかいしね。

サイズ感、色、素材、ことごとく彼女にピタリだったので、周りの方も私もこぞって「イイネ」ボタン押しました。




カルタ結びに励んだ日ですが、あと少しで初級コースを修了する彼女。レッスン後に、中級で登場する名古屋帯をシュミレーションコーデしました。



お貸ししたのは、

花柄のざっくりとした風合いの八寸帯

レモン色の縮緬帯揚げ

オレンジ色が好きと仰ってたから、橙の三分紐※ に帯留め(ブローチ)

※組紐itoni https://instagram.com/itoni1102?utm_medium=copy_link


とりあえず近場にある帯と小物たちでコーデしましたが、いい取り合わせだったかなと。喜んでくださいました。


スポーツ競技に例えたらば、参加する選手の少ないのが着物という種目。ですが、そこへ参加したからには、堂々と着物ファッションをリードする選手になって、輝いてほしいです。

「この人カッケー!すてき!憧れる!」と思う人に、自然と行列ができる。

生徒さんの着物姿に魅了された人が、生徒さんのあとに行列することを妄想してはニヤニヤしています。




このはごろ木綿。私には少し似合わない色だったなぁと思いつつ、小物と帯の取り合わせ・色合わせをもぞもぞと研究しています。








閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示